ここから本文です

不透明な2020年東京五輪での侍ジャパン

THE PAGE 8/5(金) 16:00配信

 東京五輪での野球・ソフトボールの復活が決定した。関係者にとっては、悲願の五輪復活で、気の早いワイドショーなどは、4年後の東京五輪を戦う侍ジャパンの想定メンバーを発表していた。THE PAGEでも同様の企画を考えて、北京五輪代表である元千葉ロッテの里崎智也氏に協力を求めたが、“ちょっと待って”の問題に突き当たった。「4年後って想定できないんじぇね?」という大きな壁がある。東京五輪メンバーを不透明にする最大の問題はメジャーリーガーの参加問題である。

「4年後の東京五輪のエースになる人、4番になる人の名前が色々と出ていますが、大前提として、果たしてその人たちが、4年後、日本の球団でプレーしているの? という問題があります。まだ、MLBが五輪に選手を派遣するかどうかも不透明です。東京五輪はMLBのシーズン真っ只中の開催ですし、過去の例から言っても、いくらMLBに嘆願してもメジャー契約の選手を各球団が五輪期間だけチームを離れさせることを許可するとは思えません。となると、今、4年後のメンバーを想定することはできないでしょう。野球界は、4年経過すれば、構図は大きく変わります。例えば、今年のルーキーの平沢大河、オコエ瑠偉が4年後に大化けしている可能性もあるわけですからね」

 里崎氏の指摘。もっともである。

 今回の東京五輪決定を受けて、4年後のエース、中心人物として名前が挙がったのは、ピッチャーでは日ハムの大谷翔平(22)、巨人の菅野智之(26)、ソフトバンクの武田翔太(23)、千賀滉大(23)、楽天の則本昴大(25)、松井裕樹(21)。打者ではヤクルトの山田哲人(24)、横浜DeNAの筒香嘉智(24)、ソフトバンクの柳田悠岐(27)らだ。

 だが大谷は、いつポスティングによるメジャー移籍をしてもおかしくなく、則本、筒香、柳田も、メジャー志向が強い。いずれも4年後までに海外FA権は取得できないが、ポスティング制度を使えば、メジャー移籍は可能。菅野や山田は、今のところメジャーに興味を示していないが、あと4年もあれば、いつ何がきっかけとなって、メジャーへ舵を切るかもわからない。

 今の想定メンバーの軸がこぞって東京五輪までにメジャー移籍してしまえば、彼らを侍メンバーとして招集することはできなくなる。そう考えると、現段階で4年後のメンバーは不透明のままなのだ。

1/2ページ

最終更新:8/5(金) 16:24

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。