ここから本文です

9月に初来日のジル・スコット、一夜かぎりの単独公演も決定

bmr.jp 8月5日(金)16時0分配信

9月に初来日のジル・スコット、一夜かぎりの単独公演も決定

9月に初来日のジル・スコット、一夜かぎりの単独公演も決定

3度のグラミーに輝いた人気女性ソウル・シンガーであり、映画『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』に出演するなど女優としても活躍しているジル・スコットが、その15年以上のキャリアの中で今年ついに初来日。9月20日(火)に単独公演を行うことが発表された。

9月18日(日)に横浜赤レンガ野外特設ステージで開催される都市型音楽フェスティバル〈MTV presents SOUL CAMP 2016〉の出演が発表され、ついにジル・スコットが初来日することが明らかになり、日本のファンを歓喜させていたが、さらに念願の単独公演も行われることが決定。9月20日(火)、東京はお台場のZEPP DIVER CITYにて一夜かぎりの公演となる。デビュー直後に発表された『Experience: Jill Scott 826+』も高い評価を集め、2008年にも『Live In Paris+』がリリースされるなどライブ・パフォーマンスには定評があるだけに、貴重な機会となりそうだ。

フィラデルフィア出身のジル・スコットは、ポエトリー・リーディングから音楽活動を始め、同郷であるザ・ルーツのクエストラヴにその才能を認められた彼女は、エリカ・バドゥが歌ってグラミー賞にも輝いたザ・ルーツ“You Got Me”のソングライティングを担当。これで注目を集め、2000年に『Who Is Jill Scott? Words And Sounds Vol. 1』でデビュー。「ネオ・フィリー」とも呼称されることになるフィラデルフィア発のネオ・ソウル・ムーブメントの一翼として絶賛され、グラミー賞では最優秀新人賞など3部門でノミネートを受けた。以降も順調にキャリアを築き、2作目収録の“Cross My Mind”で2005年、初めてグラミーの栄冠を獲得(最優秀アーバン/オルタナティブ・パフォーマンス賞)。また、自主レーベルを設立して発表した2011年作『The Light Of The Sun』では自身初の全米チャート1位を獲得し、昨年発表の最新作『Woman』で2作連続で全米チャート1位を制した。また女優としても、ジャネット・ジャクソンと共演した『Why Did I Get Married?』シリーズを経て、『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』ではジェームス・ブラウンの2番目の妻を好演。RZA監督で、アジーリア・バンクス主演ということでも話題を呼ぶ『Coco』にも出演、公開を控えている。

なお、9月18日(日)開催の〈MTV presents SOUL CAMP 2016〉は、ネリー(Nelly)、マックルモア&ライアン・ルイス、DJプレミア、ア・トライブ・コールド・クエストのアリ・シャヒードの出演が決まっており、先日、第5弾ラインナップとして、ジュングル・ブラザーズとピート・ロックの出演も発表された。

「ジル・スコット単独来日公演」
日時:2016年9月20日(火) OPEN 18:00 / START 19:00
会場:ZEPP DIVER CITY
価格:1階スタンディング¥9,800-(税込/1Drink別)/2階座席指定¥16,200-(税込/1Drink別)
チケット発売日:8月27日(土)~

最終更新:8月5日(金)16時0分

bmr.jp