ここから本文です

ルノーのカラーリングが来季は青に?新スポンサー獲得の可能性

TopNews 8月5日(金)17時52分配信

今年フルワークスチームでのF1挑戦を再開したルノー。そのF1カーのカラーリングはルノーのシンボルカラーである黄色となっている。だが、来年はこれが青に変わる可能性がでてきたようだと報じられている。

●来季躍進が期待されるルノー そのシートに座るドライバーは?

■ルノー、スペインの大手企業2社と交渉中とのうわさ

スペインの『El Mundo Deportivo(ムンド・デポルティーボ)』、ドイツの『Auto Bild(アウト・ビルト)』、フランスの『Auto Hebdo(オト・エブド)』といった国際的メディアが報じたところによれば、ルノーがスペインの大手携帯事業会社であるモビスターや、同じくスペインの大手オンラインバンクであるBBVAとスポンサー交渉を行っているとのうわさがあるという。

そして、その2社に共通する企業イメージカラーが青だというわけだ。

■サインツのルノー加入のうわさも再燃

こうしたうわさが出てきたことにより、ルノーがスペイン人ドライバーであるカルロス・サインツの獲得に動くのではないかとのうわさも再び浮上してきているようだ。

サインツについてはトロロッソが一足早く来季も続投すると発表しているものの、レッドブルが少なくとも今後数年はダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン体制を継続すると見られていることから、上がつかえてしまったサインツとしてもほかのチームへ移籍して一花咲かせたいという気持ちに傾いているともうわさされている。

■ペレスにとっては逆風か

一方、ルノーに関しては今季2度表彰台に上る活躍を見せたフォース・インディアのセルジオ・ペレス獲得にも興味を示しているともうわさされている。

だが、ペレスのスポンサーはメキシコの大富豪カルロス・スリム率いる企業だが、その中の1社であるテルメックスは中南米地域を中心市場としているモビスターとは直接的なライバル関係にある。ということは、もしモビスターがルノーのスポンサーにつくことがあれば、ペレスのルノー入りの可能性はかなり低くなると見ていいだろう。

最終更新:8月5日(金)17時52分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。