ここから本文です

【インドネシア】国産小型航空機、来年末に60機販売目指す

NNA 8月5日(金)8時30分配信

 インドネシアの国営航空機製造ディルガンタラ・インドネシアは、開発中の19人乗り小型プロペラ機「N219」について、2017年末にも60機を販売できる見通しを明らかにした。4日付コンタンが伝えた。
 ブディ社長によると、現在構造試験を行っている段階。すでに多くの企業や外国から受注しているものの、飛行試験を成功させることが販売の条件になるという。
 また、懸念材料の1つである国際認証の取得については、仏エアバスが協力を申し出ており歓迎する意向を示した。
 N219は、機室の高さが1.7メートルで双発ターボプロップ機「DHC―6ツインオッター」に比べて容積量が多いほか、500メートルの滑走路で離着陸が可能な短距離離着陸機となっている。
 同社は、ハビビ元大統領の主導のもと1995年に双発ターボプロップ旅客機「N250」の製造に成功したが、98年からの通貨危機で商業生産に至らなかった経緯がある。

最終更新:8月5日(金)8時30分

NNA