ここから本文です

ついに円満独立できそうな井上真央

リアルライブ 8月5日(金)12時14分配信

 4月に一部で所属事務所からの独立問題が報じられていた女優の井上真央だが、独立問題について記者が井上を直撃した様子が発売中の「週刊文春」(文芸春秋)で報じられている。

 もともと、井上は事務所の女社長と二人三脚で歩み大ブレーク。昨年はNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で主演をつとめた。しかし、これまで報じられているところによると、同ドラマの撮影後、「少しのんびりしたい」と井上本人が希望。現在、井上と事務所の契約では、CM以外のギャラは年俸制だが、歩合による収入を増やしたい井上の意向を伝えたところ、事務所が受け入れず、独立問題に発展していた。

 「とはいうものの、井上は所属事務所からの借入金を元に建てた一軒家を親にプレゼントするなど、何かと事務所から優遇されて来た。しかし、ほかの事務所のタレントの稼ぎを聞いた井上は、『もっともらってもいいのでは』と思い始めギャラをめぐる“銭闘”に突入してしまった。現在は、公開直前の声優をつとめたアニメ映画『ルドルフとイッパイアッテナ』のPRでメディアへの露出が多いが、以後のスケジュールは白紙の状態」(女性誌記者)

 同誌の記者は7月末、自宅近くで井上を直撃。事務所独立の話について井上は、「お伝えできるときにちゃんとお伝えしますので」。話し合いが進んでいるかについては、「あっ、はい!」と極めて明るい表情で初めて独立を認めたというのだ。

 「相変わらず、嵐の松本潤とは順調に交際中。井上は現在の事務所の社長から松本との結婚を反対され、そのことも独立に拍車をかけてしまったようだ。嵐のメンバーは現時点で誰も結婚していないが、将来の幹部候補と言われる松本なら、嵐のメンバー第1号となる結婚が認められるのでは」(芸能記者)

 独立後、井上は公私ともに充実しそうだ。

最終更新:8月5日(金)12時14分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。