ここから本文です

ブラッドリー・クーパー、マイク・タイソンからボクシングベルトをもらう!

cinemacafe.net 8月5日(金)13時30分配信

ブラッドリー・クーパーがマイク・タイソンの家族からボクシングのベルトをプレゼントされたそうだ。ブラッドリーはそのベルトを受け取った当初、本物のチャンピオンベルトの1つだと思ったそうだが実際にはそうではなかったようだ。

【写真】ブラッドリー・クーパー/フォトギャラリー

ジェームズ・コーデンの「レイト×2ショー」に出演したブラッドリーは当時のことをふり返り次のように語っている。「不思議なことに僕と彼はとても気が合って友だちになったんだ。まあ彼はなんていうかわからないけど、僕は友だちだと言いたいね」「ここ数年間は連絡を取っていなかったんだけど、ジェームス・トバックのドキュメンタリーの試写会に彼と彼の家族と一緒に行ったんだ」「僕が『エレファント・マン』の舞台をやっているときには彼の家族が見に来てくれて、そのとき彼のボクシングベルトを僕にくれたんだよ」。

「それはメダルとかついてて大切なものだから僕はどうしたらいいのかわからなかったんだ。けれど、それが本物のチャンピオンベルトじゃないって気づいたよ。それはいわゆるマイク・タイソンの1つのベルトであって、本物のチャンピオンベルトではないってね」「最初見たときは本物だと思ったから心臓が止まりそうになったよ。そして『これは受け取れないよ』って感じだったけどよく見てみて『ああ、なるほど』って思ったんだ」。

さらにブラッドリーはビル・クリントン元大統領に会ったときに自身のファンであると告げられ、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の続編が製作されることがあれば出演したいとお願いされたエピソードも語った。

『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』の撮影のために共演者やトッド・フィリップス監督らとバンコクに滞在していた際にクリントン元大統領に会ったというブラッドリーは「びっくりしたよ。なんについて話せばいいんだってね。すべてにさ。あの人の知識は計り知れないね」「彼の隣の席が空いていたからそこに座ったんだ。彼はとても友好的で、一番最初に『「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」の続編はあるのかな? そうだとしたら僕も出演できる?』って聞いてきたんだ」と語る。

またフィリップス監督はクリントン元大統領のお気に入り映画がビッグ・ボーイ主演の『俺たちのヒップホップ・ゴルファー』であることを明かしながら「彼はまさに聞いていた通りの人だったよ。人を惹きつける人物で、目を見ながら相手が興味を持つように彼の考えを話してくれるんだ」「僕が彼の隣に座っているときにも彼は映画について語っていたよ。彼は僕が誰が知らなかったし、監督って言われただけだったからね」「彼がどれだけコメディ映画が好きかを語っていて、飛行機に乗っているときに見た映画で『俺たちのヒップホップ・ゴルファー』がとても好きだったと言っていたね。彼のお気に入りのコメディ映画なんだってさ」「彼は『見たことある?』って聞いてきたから僕は『その映画は見たことがないな』って答えたんだ」と語っていた。

(C) BANG Media International

最終更新:8月5日(金)13時30分

cinemacafe.net