ここから本文です

【UFC】9月ブラジル大会に田中路教と安西信昌が参戦

イーファイト 8月5日(金)17時59分配信

 9月24日(土・現地時間)ブラジル・ブラジリアのニルソン・ネルソン体育館で開催されるMMA(総合格闘技)イベント『UFC FIGHT NIGHT 95』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】優勢な試合運びでUFC初勝利を上げた安西信昌

 田中路教(Team Alphamale Japan)と安西信昌(TEAM CLIMB)の日本人2選手の出場が決定。田中はハニ・ヤヒーラ(ブラジル)、安西はルアン・シャーガス(同)と対戦する。

 柔道出身の田中は、修斗からグアムのMMA(総合格闘技)大会『PXC』を経て、2014年6月からUFCに参戦。現在までに3試合を戦い2勝1敗の戦績を収めている。なお、この1敗は2014年9月にカン・ギョンホに喫したもので、田中にとってはプロ11戦目にして初黒星であった。

 対するヤヒーラは柔術黒帯を持ち、日本のHERO’Sに出場経験がある。UFCには2011年1月から参戦し、廣田瑞人や金原正徳らから勝利。10戦7勝2敗1ノーコンテストの戦績を収め、現在3連勝中と好調を維持する。

 一方、安西は2011年からパンクラスを主戦場として活躍。ハードパンチを武器にKO勝利を重ね、2014年6月にパンクラス・ミドル級王座を獲得。同年8月からUFCに参戦し、初戦はTKO負けを喫したが、昨年9月の2戦目でロジャー・サパタをTKOで下し、UFC初勝利を上げた。

 対するシャーガスは柔術と空手の黒帯を持ち、MMA戦績16戦15勝1敗1分という高い勝率を誇る23歳のファイター。今年5月にUFCデビューを飾るが、初戦はセルジオ・モラエスを相手に引き分けている。

 地元ブラジル出身の選手とのアウェー決戦に臨む田中と安西。ともに勝利を飾り、UFCで連勝なるか。

最終更新:8月5日(金)22時0分

イーファイト