ここから本文です

菊地明砂美、妹・絵理香のアドバイスで好調の滑り出し

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月5日(金)18時27分配信

北海道の札幌国際CC島松Cで開幕した国内女子ツアー「meijiカップ」初日。主催者推薦で出場している地元・北海道出身の菊地明砂美が、3バーディ、ボギーなしの「69」(パー72)でプレーして3アンダーとし、首位と3打差で滑り出した。

【画像】そっくり? 菊地姉妹が同組対決

2番(パー3)でバーディを先行。6番(パー5)では第3打を2mにつけてバーディ。さらに後半12番(パー5)では、残り約60ydの第3打を再び2mのチャンスにつけて、きっちりとバーディを奪った。「今週はロングホールでバーディを獲ることを目標に置き、100yd以内のショットを練習した。きょうのスコアにつながった」と振り返った。

100yd以内のショットの強化に取り組むようになった理由には、妹でツアー2勝の菊地絵理香の進言があった。明砂美の1Wの平均飛距離は230ydで、ツアー内では決して飛ぶタイプではない。3打目で勝負できるロングホールはチャンスと捉え「妹から数週間前にアドバイスをもらった。100yd以内のショットで5~10yd刻みの練習を徹底的に練習したら良くなった」と奏功した。

今季はQTランク170位で国内下部ステップアップツアーを主戦場としている。レギュラーツアーは今季3戦目。「もう少し行けたかなと思うけど、あした、あさってが楽しみ。今週はショットがいいので上位フィニッシュできればいい」。話し方は妹にそっくりの姉が、主役への階段を駆け上がる。(北海道北広島市/糸井順子)

最終更新:8月5日(金)18時38分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]