ここから本文です

先週の借りは返した!“攻める”ゴルフで岸部桃子がステップツアー初勝利!

ゴルフ情報ALBA.Net 8月5日(金)20時12分配信

<九州みらい建設グループレディースゴルフトーナメント 最終日◇5日◇武雄ゴルフ倶楽部(6,310ヤード ・パー72)>

レギュラーツアーの様子はこちらから!

 ステップ・アップ・ツアー第12戦『九州みらい建設グループレディースゴルフトーナメント』の最終日が佐賀県武雄市の武雄GCで行われた。この日“69”をマークした岸部桃子がトータル8アンダーで嬉しいステップツアー初優勝を飾った。
 

 「朝の練習で調子が悪く、本当にどうしよう」とスタート前はナーバスだったという岸部。「逆に1打1打集中しよう」とプラス思考で挑んだ1番でいきなりのバーディスタート。「今日は前半、後半で2つずつ獲ろうと決めていた」という言葉通り、9番でもバーディを奪い、前半を34で折り返した。

 「16番はグリーン手前に池があったので、ちょっとよみがえりましたね(笑)」。先週行われた「カストロールレディス」の最終日。首位に立っていた岸部だったが、迎えた最終18番ホールで打ったセカンドショットは無情にも池の中へ。この1打で優勝を逃し、人目もはばからず号泣した。

「先週はショットの調子も良かったので、悔しくて悔しくて…。でも、あのショットで悔しい思いをしたので、“今週は優勝する”、“最後まで攻める”という強い気持ちを持って試合に臨む事が出来ました。16番でリベンジ出来たし、先週の件は払しょく出来ました(笑)」。真夏の決戦を制した23歳の顔は晴れ晴れとしていた。

 この優勝でレギュラーツアー4試合の出場権を獲得。先週のリベンジを見事に果たし、未練は全て断ち切った。「今年はまだ出てないのですごい楽しみですし“最後まで攻める気持ち”がどこまで通用するか試してみたいです」。

 なお、先週プロテストに合格したばかりの安田彩乃は6アンダーで4位タイという好成績。同期組では山本景子が1オーバー50位タイ、村田理沙は2オーバー57位タイと振るわなかったが、得たものは多かったはずだ。若い才能がこれからどんな活躍を見せてくれるのか、大いに期待したい。

(提供:大会事務局)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月5日(金)20時12分

ゴルフ情報ALBA.Net