ここから本文です

マット・ボーマー主演ドラマ「ラスト・タイクーン」がシリーズ化

映画.com 8月5日(金)12時0分配信

 [映画.com ニュース] F・スコット・フィッツジェラルド著「ラスト・タイクーン」のドラマ版に、アマゾン・スタジオがシリーズ化のゴーサインを出した。

 「ラスト・タイクーン」はフィッツジェラルドの未完の遺作で、ハリウッド黄金期に名を馳せた実在の大物プロデューサー、アービング・タルバーグをモデルにした主人公モンロー・スターの栄光と挫折を綴っている。ドラマ「ホワイトカラー」「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル」の俳優マット・ボーマー主演で先ごろパイロット版が制作され、「ハンガー・ゲーム」「キャプテン・フィリップス」のビリー・レイが脚色、監督を手がけた。

 米Deadlineによれば、「ラスト・タイクーン」シリーズ化にあたり、ボーマーのほか、ケルシー・グラマー、リリー・コリンズ、ローズマリー・デウィットが共演。モンロー・スター(ボーマー)と、父親的存在である映画スタジオ経営者パット・ブレディ(グラマー)の対立を中心に、1930年代のハリウッドにおけるセックスと野望、バイオレンスを描く。

 ちなみに、「ラスト・タイクーン」は76年にエリア・カザン監督、ハロルド・ピンター脚本で映画化されており、ロバート・デ・ニーロがスター役を、ロバート・ミッチャムがブレディ役を演じた。

最終更新:8月5日(金)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。