ここから本文です

証券取引の売却代金、振込先に預金口座が指定可能に/台湾

中央社フォーカス台湾 8/5(金) 15:40配信

(台北 5日 中央社)台湾ではこのほど、証券取引の売却代金の振込先として、証券会社に開設した証券口座だけでなく、銀行などの預金口座も指定できるようになった。

証券会社側は顧客の資金の動きなどが把握しやすくなる一方、投資家側も口座間の振り込みの手間を減らせるなど双方にメリットがある。

また、投資家の資金を守るため、1日当たりの売却代金が100万台湾元(約320万円)を超えた場合、投資家に対して通知を行うことが証券会社に義務付けられている。

(田裕斌/編集:杉野浩司)

最終更新:8/5(金) 15:40

中央社フォーカス台湾