ここから本文です

オヤイデから精密導体と天然素材を採用したヘッドフォンケーブル新登場

CDジャーナル 8月5日(金)17時8分配信

 オヤイデが、キーテクノロジーに精密導体“102 SSC”と天然素材シルクを採用した高品質ヘッドフォンケーブル「HPSC」シリーズを新発売。両端が3.5?ステレオミニプラグと3.5?ステレオミニジャックの延長コード「HPSC-35J」(1.3m 5,600円 / 2.5m 6,600円)、片側が6.3?標準プラグと片側が3.5?ステレオミニジャックの変換ケーブル「HPSC-63J」(1.3m 6,200円 / 2.5m 7,200円)、3タイプのプラグ形状をランナップする3.5?ステレオミニプラグの接続ケーブルの「HPSC-SS / LS / LL」3モデル(各4,200円)。

 精密導体“102 SSC”は、オヤイデ電気が開発したクリアでワイドレンジなサウンドが特長のオーディオケーブル用導体。太さに余裕がある0.3スケアの信号線で繊細な高域からパワフルな低域まで、忠実な伝送を実現。併せてシールドの素材としても採用しており、柔軟性に優れたスパイラルシールドとなっています。ケーブル表面を覆う編組ジャケットおよび信号線とシールドとの隙間を埋める介在物には、静電気を中和する性質をもつ100%ピュアシルクフィラメントを採用。これにより、ケーブル内の静電気の発生を抑制し、静電気に起因するノイズの大幅な低減に成功しています。仕上げカラーは、白と黒のシックなモザイク調なので、様々なヘッドフォンに違和感なくマッチします。

最終更新:8月5日(金)17時8分

CDジャーナル