ここから本文です

米ディズニー「ロケッティア」のリブートを準備

映画.com 8月5日(金)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーが「ロケッティア」(1991)のリブートの準備を本格的に開始したと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

 ジョー・ジョンストン監督による「ロケッティア」は、リュック型のロケットを手に入れた飛行機乗りがナチスと戦うヒーローとなるアクション映画で、デイブ・スティーブンスのコミックが原作。全米興行が4670万ドルと公開時はヒットに至らなかったものの、その後、カルト映画となり、2011年にハリウッドで行われた20周年イベントは大盛況となった。そのあたりからディズニーはリブート化の検討をはじめたが、同様のスーツを着用して空を舞う「アイアンマン」との差別化に苦労していたようだ。しかし、このたび新たなストーリー案が生まれたため、脚本執筆が始まったという。

 新作は「ロケッティア」の6年後を舞台に、黒人の女性パイロットが冷戦時代を舞台に活躍するという物語で、「ウェディング・イブ 幸せになるためのいくつかの条件」を手掛けたマックス・ウィンクラーとマット・スパイサーが脚本を執筆中だという。

最終更新:8月5日(金)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。