ここから本文です

本人公認なのか?月9モノマネに三浦翔平「ディスってますよね?笑」

シネマトゥデイ 8月5日(金)12時52分配信

 フジテレビの月9ドラマ「好きな人がいること」のモノマネをしていた芸人に、モノマネされた三浦翔平自身がInstagramで「#若干ディスてますよね?笑」とツッコんだ。

【写真】さわやか~な月9「好きな人がいること」メンバー

 三浦が「ありがとうございます!!」とお礼を言いつつもツッコんだのは、モノマネタレントのむらせが公開した「好きな人がいること」のモノマネ動画。むらせが「雰囲気ものまねですのでお手柔らかに。。」とつぶやいてSNSに投稿した動画には、ドラマ内で三浦が演じている千秋をマネたほほ笑みや、無言でのジャンプが目立ちまくる桐谷美玲ふんする美咲の顔マネなどが披露されており、ドラマファンを中心に「伝わるwww」「そう来たかぁ…」と話題を呼んでいた。

 またこの動画には三浦だけではなく、主演の桐谷や菜々緒も反応。Instagramで「めっちゃ面白い!!わたしの顔あんな風に見られてるのね」と素直な反応を見せた桐谷には、ファンから「真似だから大げさにやってるだけだと思うよ!」「全然違うっ!!けど面白くて笑いました」というフォローが飛ぶことも。

 そんな中これらの反応に一番ビックリしたのは、モノマネをした当事者であるむらせだったよう。まさかのご本人からの公認(?)に、「まさかのインスタで、三浦翔平さんが、 モノマネ動画を紹介していただいた! めちゃくちゃありがたい!^ ^」「しかも、桐谷さんまで。。 これはありがたい。。許されるなら、またマネしてみよう。。。^ ^;」と喜びと驚きが入り交じっている様子。新しいドラマが放送されるたびにそれを誇張したモノマネを披露する芸人も現れるが、今回のむらせのモノマネは本人の怒りではなく笑いのツボもしっかりと押さえたようだ。(濱島裕)

最終更新:8月5日(金)12時52分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。