ここから本文です

猫ひろし 本物の猫48匹とコラボ!公式応援ラップで快眠快走だ

東スポWeb 8月5日(金)10時3分配信

 リオ五輪男子マラソン・カンボジア代表でお笑いタレントの猫ひろし(38)が、本物の猫48匹とコラボした“公式応援ラップ”でリオを走る!

 男性3人組音楽グループ「クリフエッジ」が9月7日にミニアルバム「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」を発売するが、収録曲の「贈るコトバ」では、2月に結成された猫48匹のグループ「ニャンニャン合唱団」が、猫ひろしと“猫語”でコラボした。同曲は「贈るコトバ~猫Rap ver.~」として10日からレコチョクで楽曲配信されることが3日、分かった。

「『ニャンニャン合唱団』は、ブサかわ猫“ニコ&ポコ”率いるグループ。インスタグラムで4万人のフォロワーを持ち、5月に写真集も発売されるなど人気急上昇中。コラボを依頼された猫ひろしは快諾し、喜・怒・哀・楽・発情期の5通りの“ニャー”など泣き声を収録。サビでは48匹の猫ラップの鳴き声に対し、猫ひろしは2の掛け算をひっかけた『ニャいちがニャン(2×1=2)』など“ニャー算”をラップ調で披露した」(関係者)

 この曲をリラックスするための「快眠ソング」として聴いているという猫ひろしは「ニャンニャン合唱団とクリフエッジの『贈るコトバ』でコラボレーションさせていただきました。今回鳴き声で参加しておりまして、マラソン練習後の休息時間や、寝る前に聞いております。よく眠れる楽曲に仕上がっているので、睡眠ソングとして、よく働く日本の方々に聞いてもらえるとうれしいニャー!!」とコメントを寄せた。

最終更新:8月5日(金)10時18分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。