ここから本文です

傑作ノンフィクション「博士と狂人」映画化でメル・ギブソン、ショーン・ペン共演か

映画.com 8月5日(金)12時0分配信

 [映画.com ニュース] メル・ギブソンが約20年前から切望している「博士と狂人」映画化企画に、ショーン・ペンが出演交渉中であると米ハリウッド・レポーターが報じた。

 ギブソンが映画化権を獲得したサイモン・ウィンチェスター著「博士と狂人 世界最高の辞書OEDの誕生秘話」は、41万語以上を収録する辞書「オックスフォード英語大辞典」第1版制作の過程を描いた傑作ノンフィクション。完成まで70年の歳月を要したというこの辞書の作成に人生を捧げた、ジェームズ・マレー博士と協力者ウィリアム・マイナーの2人に焦点を当てている。

 映画では、ギブソンが言語学者マレー博士役を、ペンが精神病棟の囚人マイナー役を演じるようだ。ギブソンと「アポカリプト」で組んだ脚本家ファラド・サフィニアが監督・脚本を手がけ、「ハート・ロッカー」「ダラス・バイヤーズクラブ」のボルテージ・ピクチャーズが製作する。

 ギブソンは、1945年の沖縄戦に参加しながらも人を殺すことを拒否し続けた米軍兵士デズモンド・ドスの実話を描く監督作「Hacksaw Ridge(原題)」(アンドリュー・ガーフィールド主演)が11月4日に全米公開。また、イエス・キリストの死を描いた監督作「パッション」(2004)の続編企画の準備も進めている。

最終更新:8月5日(金)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。