ここから本文です

【アバルト 124スパイダー】 初のオープンスポーツ、388万8000円より

レスポンス 8月5日(金)12時9分配信

FCAジャパンは、アバルト初のオープンスポーツモデル、アバルト『124スパイダー』を10月8日より発売する。

[関連写真]

124スパイダーは、マツダとフィアットの協業プログラムにより、『ロードスター』とプラットフォームを共用し開発した2シーターオープン。その高性能バージョンがアバルト 124スパイダーだ。

新型車は、ロードスターのアーキテクチャーをベースに、生産はマツダ本社工場にて行い、スタイリングデザイン、パワートレイン、室内装備・材料、サスペンションおよびステアリングフィールはFCAが独自で開発した。

最高出力170ps、最大トルク250Nmを発生する1.4リットルマルチエア4気筒ターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速MTと6速ATの2タイプを設定する。軽量素材により乾燥重量は1060kgに抑えられ、パワーウェイトレシオはクラストップの6.2kg/hp、0~100km/h加速6.8秒(欧州仕様参考値)を達成する。

足回りは、フロントにダブルウィッシュボーン式、リアに5アームのマルチリンク式を採用し、コーナリング時や減速時の安定性を高めるよう特別チューニング。ステアリングのフィードバックは、パワーステアリングシステムに専用のスポーツ設定を採用することで最適化している。

エクステリアは、前後に長いボンネットで強大なパワーを強調すっるとともに、六角形のフロントグリルで個性を主張。インテリアでは、垂直に近いステアリングホイール、短いシフトレバーなど、スポーティなキャラクターに合致したつくりとなっている。

そのほか、ABSやEBD(電子制御制動力配分システム)、ESC (横滑り防止装置)など、安全装備も充実させた。

ボディカラーはソリッドカラーのホワイトとレッド、メタリックカラーのブルーおよび三層コートのパールホワイトの4色を設定。価格はMTモデルが388万8000円、ATモデルが399万6000円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月6日(土)9時42分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]