ここから本文です

日本黒星スタート、反撃及ばずナイジェリアに5失点負け/U-23日本代表速報

ISM 8月5日(金)11時53分配信

 U-23日本代表は現地時間4日(以下現地時間)、リオ五輪グループリーグ初戦でナイジェリアと対戦し、4対5で敗れた。

 マナウスでの初戦に臨んだ日本は立ち上がりの6分、GK櫛引が弾いたボールをウマルに押し込まれて出鼻をくじかれる。9分に南野が倒されて得たPKをオーバーエイジの興梠が沈めて試合を振り出しに戻すも、そのわずか2分後にエテボのゴールでビハインドを背負う。

 その2後にゴール前に抜け出した南野が冷静にGKの股を抜くシュートでネットを揺らしたが、42分に植田のクリアミスをエテボに叩き込まれ、2対3と1点のビハインドで前半を終える。

 後半に逆転をねらう日本だが、立ち上がりの51分にオーバーエイジの塩谷のファウルでPKを与えると、エテボに沈められハットトリックを許す。さらに、66分には短くなった櫛引のクリアをエテボに直接決められ3点差にされてしまう。

 それでも諦めない日本は70分、藤春のグラウンダーのクロスに途中出場の浅野が合わせて1点を返す。その後もゴールを目指し終了間際に鈴木のゴールで1点差に詰め寄ったが、黒星スタートとなった。

 日本の次戦は7日、初戦でスウェーデンと引き分けたコロンビアと対戦する。

最終更新:8月5日(金)11時54分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]