ここから本文です

井上真央&鈴木亮平、ルドルフとの3ショットを公開!巨大化したルドルフも

cinemacafe.net 8月5日(金)18時30分配信

ロングセラーの児童文学の名作が、超大型フル3DCGアニメーション映画となって登場する『ルドルフとイッパイアッテナ』。公開を明日8月6日(土)に控えた本作から、声を務めた井上真央&鈴木亮平を見下ろすほど巨大化した(!?)、黒猫ルドルフの超レア写真が到着した。

【画像】ルドルフと遊ぶ井上真央&鈴木亮平

ひょんなことから飼い主のもとを離れ、おもいがけず東京にやって来てしまった小さな黒猫・ルドルフ。街を牛耳るトラ柄のボス猫・イッパイアッテナと出会ったルドルフは、少しずつノラ猫としての生き方を教わっていくことに。人間とのつき合い方もよく知るイッパイアッテナは、何か秘密を抱えている様子。あるとき、大好きな飼い主・リエちゃんの住む街が分かったルドルフは…。

原作は、1987年に初刊が発行されて以来、28年のロングセラーを誇る“日本一有名なノラ猫”シリーズ。第4巻までの累計発行部数は100万部を超え、国民的な児童文学として子どもたちのみならず、大人たちにも長く親しまれている。

そんな本作から到着したのは、ルドルフの声を務めた井上さんとイッパイアッテナの声を務めた鈴木さんと一緒に、ルドルフが写り込んだ、まさかのショット。まず1枚は、ほぼ“実寸大”くらい(?)のキュートなサイズのルドルフだが、もう1枚は“怪獣”並に巨大化したルドルフ! 

実は、この写真は「オルタレイ」というARアプリとコラボレーションをして実現したもので、一定のマーカーを読み取るとルドルフが出現し、写真撮影ができるというコンテンツ。読み取るマーカーの大きさにより出現するルドルフの大きさも変化するため、手のひらに乗るほどの小さなサイズのものから、スマホの画面をはみ出すほどの巨大サイズまで、さまざまなルドルフを出現させることができるという。

井上さんも鈴木さんも、巨大化したルドルフのあまりの大きさには興奮を隠せない様子で、驚いたポーズをしたり、撫でてみたりとさまざまなポーズで撮影。画面に映し出されているルドルフをタッチすると喜んだり、本物さながら伸びをしたりする姿も見られるため、2人とも、しばしの間、チビ&巨大ルドルフとじゃれ合うひと時を楽しんでいた。

『ルドルフとイッパイアッテナ』は8月6日(土)より全国にて3D/2D同時公開。。

最終更新:8月5日(金)18時30分

cinemacafe.net