ここから本文です

TOKIO山口 約3年前から離婚視野、今年4月から別居

リアルライブ 8月5日(金)14時53分配信

 5日に都内で離婚会見を開いたTOKIOの山口達也が、3年前から離婚を考え始め、今年の4月から別居していたことを明かした。

 同日、所属するジャニーズ事務所を通じてFAXで離婚を発表。山口は2008年3月に結婚した5歳年下の女性と結婚。2008年には長男、2010年には次男が生まれている。2004年には海の近くに住みたいという山口の要望もあり、2004年から神奈川県の鎌倉へ引越しをした。しかし、山口自身は仕事や趣味のサーフィン、人付き合いなどで忙しく、自宅に帰るのは週に2~3回で、子育てや家事をすべて前妻に負担させていたという。

 その後、山口自身も「甘え」を自覚し、5年前に都内へ引越したものの、自分本位な生活を止められず、最終的に「離婚」という判断が現実味を帯びてきたようで、「約3年ぐらい前に、離婚しようという話になり、今日に至る3年間夫婦で話をしてきました」と説明。

 さらに「生活していく中で、やはり僕のだらしなさだったり、いい加減な性格。やりたいことを優先してしまう。仕事だったり、趣味のサーフィンだったり、人付き合いだったり、そういうことをしていく中で、しっかり別れたほうがいいかっていうことで、今年の春4月ぐらいでしょうか、都内で別居することになり」と明かした。

 ただ、それまでも家族と一緒に生活ができなかったため、ほぼ“別居状態”だったという。

最終更新:8月5日(金)15時34分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。