ここから本文です

マカヒキ栗東で追い切り 友道師「スピード感ある」凱旋門賞に向け順調

デイリースポーツ 8月5日(金)5時59分配信

 凱旋門賞・仏G1(10月2日・シャンティイ)に参戦するダービー馬マカヒキ(牡3歳、栗東・友道)が4日、栗東CWで追い切りを行った。

 単走で6F82秒6-39秒6-11秒7に、友道師は「競馬まで1カ月あるからサッとやった。見た目にもスピード感がある」と満足げに話した。11日にはルメールが騎乗して併せ馬を行う予定だ。その後は13日に検疫入りし、19日に出国。本番と同じ舞台で行われるニエル賞・仏G2(9月11日)をステップに世界最高峰のレースに挑む。

最終更新:8月5日(金)7時50分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ