ここから本文です

国土交通省、電気自動車を導入するバス・タクシー・トラックの事業者を公募

レスポンス 8月5日(金)13時30分配信

国土交通省は、バス・タクシー・トラックに電気自動車の導入を支援する「地域交通グリーン化事業」を公募する。

[関連写真]

電気自動車はエネルギー消費効率が良く、排出ガスを出さない低騒音の環境に優しい自動車だが、通常の内燃機関車に比べ高価なこと、充電施設などインフラ整備が課題となっている。

このため、国交省では「地域交通グリーン化事業」により、自動車運送事業者に対して、電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティの導入を重点的に支援している。この事業により、電気自動車を活用した地域の実情を踏まえた、多様な交通サービスの展開や、他の地域や事業者による導入を誘発・促進することを期待している。

今回、同事業の2016年度2回目の公募を実施する。応募のあった地域交通グリーン化事業計画については、内容を外部有識者が評価し、その結果を踏まえて補助対象事業として認定する。応募期間は8月3日~31日まで。

補助は、燃料電池自動車バス・タクシーが導入費用の半分、電気自動車バス、超小型モビリティと充電設備が導入費用の半分、電気自動車タクシー・トラックと充電設備が導入費用の3分の1となる。

2016年度の予算総額は4億1700万円。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月5日(金)13時30分

レスポンス

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。