ここから本文です

『スター・ウォーズ』で銃撃したくせに偽善者!ヒロインのSNS炎上

シネマトゥデイ 8月5日(金)20時21分配信

 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のヒロイン・レイ役で知られる女優のデイジー・リドリーが、銃事件の犠牲者たちにまつわるコメントをInstagramに投稿すると、銃支持者たちから批判が寄せられ、デイジーはアカウントを削除するに至った。Vanity Fair などが報じている。

【映像】シリーズ新作!『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

 現地時間7月31日、ロサンゼルスで行われたティーン・チョイス・アワード2016の授賞式に出席したデイジー。同授賞式では、女優のジェシカ・アルバがアメリカで起きた銃乱射事件や白人警官による黒人射殺事件における犠牲者たちの10代の家族と共にステージに上がり、平和を訴える一幕があった。

 そのスピーチに感動したデイジーは、「どれだけ自分がついているのかって考えてた……ちょっと真剣に。昨日、観客席に座って、銃事件で犠牲になった人々を追悼しているときに、涙があふれだしてきたわ。登壇者たちを撮れなかったけど、彼らはとても勇敢だわ。一体感があらわれた本当の瞬間だった。私たちは暴力を止めなければいけない」と込み上げてきた思いをInstagramに投稿した。

 その彼女の言葉を称えるファンがいる一方で、銃支持者からの非難も。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で、ブラスターを使いストームトルーパーを撃退していたことに触れ、デイジーを偽善者だと批判した。これを受け、デイジーはInstagramのアカウントを削除し、その後Facebook上の同内容の投稿も取り消した。

 Facebookの同コメントには、削除されるまで、Instagramに戻ってきてほしいと訴えるファンからの声が多数寄せられていたという。現在、Facebookに残されているほかの投稿にも、同様のメッセージが集まっている。(編集部・石神恵美子)

最終更新:8月5日(金)20時21分

シネマトゥデイ