ここから本文です

C・ロナウド、レアルと大型契約締結へ 年俸約24億円に

ISM 8月5日(金)15時14分配信

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が、レアル・マドリー(スペイン)と新たに2021年までの大型契約を結ぶようだ。スペイン『AS』紙の情報をもとに、伊サイト『calciomercato.com』が現地時間4日(以下現地時間)に伝えている。

 それによると、レアルはC・ロナウドに2021年までの新契約を用意しており、同選手は年に2100万ユーロ(約23億7000万円)を手にすることになるという。C・ロナウドはこの契約を満了する頃には36歳となるため、MLS(アメリカ・メジャーリーグサッカー)でキャリアの晩年を過ごすのではないかと目されている。

 報道によれば、同選手の代理人、ジョルジュ・メンデス氏が契約内容の細部を詰めるため近日中にマドリー入りし、29日に正式発表される見込みとなっている。

 キャリア通じて成功を収め続けてきたC・ロナウド。昨季はレアルでチャンピオンズリーグ優勝、代表でも今夏のEURO2016制覇と最高の時期を過ごしている。

最終更新:8月5日(金)15時14分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。