ここから本文です

「NMB48」次世代メンバー、さや姉不在イベント満席に感激

映画.com 8月5日(金)21時30分配信

 [映画.com ニュース] アイドルグループ「NMB48」の15thシングル「僕はいない」の発売記念スペシャルイベントが8月5日、東京・タワーレコード渋谷店で開催。キャプテンの山本彩、8月9日に同グループを卒業する渡辺美優紀ら人気メンバーに続く、今後の活躍が期待される次世代メンバー代表として太田夢莉、須藤凜々花、白間美瑠、矢倉楓子、渋谷凪咲、薮下柊が登壇した。

【フォトギャラリー】大胆ポーズの須藤凜々花ら、その他の写真はこちら

 同グループは、キャプテン・山本以外のメンバーで挑むコンサート「いつまで山本彩に頼るのか?」を8月26日に行う。同公演は、客席が満席になった場合は次回シングルのセンターを出演メンバーから選び、空席があった場合は山本がセンターになるという“飴と鞭”企画が話題を呼んでいる。この日も山本は不在だったが1回400人収容、計3回の本イベントは全て満席となり、薮下は「彩さんがいなくても400人も集まった! 勇気が出ました!」と喜びを爆発させた。

 「僕はいない」は、本楽曲をもって卒業する渡辺が単独センターを務めている。ポスターとMV撮影に間に合わなかったという矢倉は「僕はいない……、その通りなんです(笑)。ミルキーさんと自分がいないなって悲しくなってくる」と自らの不運と、差し迫った渡辺の卒業を嘆いた。

 またこの日は、リオデジャネイロオリンピックとかけて「シンクロナイズドスイミングのポーズをセクシーに表現する」というパフォーマンスに挑戦した。公式ブログで「倒さなくっちゃいけないぜ」と山本にライバル宣言をしたばかりの須藤は、足を大きく開き「イメージはインリン先輩。スカートでできる限界に挑戦した」と大胆ポーズ。「浪花のビヨンセ!」という呼びかけで登場した矢倉は、開脚の後にミニスカートで一回転。「NMBのグラビアクイーン」と命名された白間は、「セクシーは負けられない! 服で隠れているけど……」と自慢のボディラインを生かしたポーズを披露した。

 パフォーマンスもトークも大サービスだったメンバーたち。最後は「もっともっと突き進んでいくので楽しみにしてください!」と更なる躍進を誓った。

最終更新:8月5日(金)21時30分

映画.com