ここから本文です

山口達也 4月から別居 離婚理由は「自分が未熟で幼稚だった」

東スポWeb 8月5日(金)14時16分配信

 離婚を発表したTOKIOの山口達也(44)が5日、都内で緊急会見を開き「自分が未熟で幼稚だった」と理由を説明した。

 やや緊張した表情で登場した山口は、この日離婚届を出したといい「付きあって16年以上、簡単にすれ違いと、かたづけられない。自分が未熟で幼稚だった。自分のペースで生きてきて、彼女が疲れてしまったりストレスだったり…。たくさん話し合って離婚することにしました」と明かした。

「2人の子供にはほんとにもうしわけない」と唇を噛んだ。

 離婚を考えたのは3年前。「サーフィンや酒を飲みに行ったり、やりたいことばかり優先しまして、2004年鎌倉に引っ越した。ここ数年忙しくさせていただいて、鎌倉にはなかなか帰れる時間なかった。週1回、2回くらいしか帰れなかった。家事を負担させたり、そこで甘えてしまった。けんかもたくさんありましたし、大事なときにお父さんがいないのは彼女にとって負担だった」とよどみなく語った。

 今年4月から別居し、離婚まではあっというまだったという。「先ほども妻から電話があって『大丈夫なの?』と言われた」と笑った。

 仙台市出身の元モデルの妻とは1999年友人の誘いで参加したパーティーで知り合い順調に交際を続け、2008年3月にゴールイン。2人の間には08年5月に長男、10年9月に二男が生まれている。イクメンとして活躍していた。

 ジャニーズ事務所所属の第一線で活躍するタレントが離婚をするのは初めての出来事、ましてや離婚囲み会見も初めて。初ものづくしの前代未聞の会見となった。

 山口は日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」のMCも務めているためか、どんな質問でも受けるとした。

最終更新:8月5日(金)15時12分

東スポWeb