ここから本文です

『機装猟兵ガンハウンド』の全素材とプログラムなどが無償提供 夏休みの大人の自由研究に2Dアクションゲームを

ファミ通.com 8月5日(金)12時47分配信

●夏休みの自由研究に2Dアクションゲームを!
 ドラキューにて、プレイステーション4版『重装機兵レイノス』などを手掛けてきた富野裕樹氏が新会社ガルルソフトウェア研究所を設立。「世の中に2Dゲームの新作が次々に現れてくれることを期待して」(リリースより)、WindowsおよびPSP用2Dアクションゲーム『機装猟兵ガンハウンド』の全素材とプログラム、およびゲームを効率よく作れるゲームライブラリ“gxLib”の無償公開を開始した。

 夏休みに大人の自由研究として、2Dアクションの開発に取り組む、いいきっかけになりそう。


 以下、リリースより。

----------

 株式会社ガルルソフトウェア研究所(大阪府吹田市、代表取締役 富野 裕樹)では世の中に2Dゲームの新作が次々に現れてくれることを期待してWindows/PSPで好評を博した2Dアクションゲーム「機装猟兵ガンハウンド」の全素材とプログラム、及びゲームを効率良く作れるゲームライブラリ「gxLib」の無償公開を開始しました。

 「機装猟兵ガンハウンド」ではBGMを「悪魔城ドラキュラ」で著名な山下絹代氏が担当。今回はその山下絹代氏の全面的な協力により全曲がフリー素材として提供されます。その他、キャラクターデザインは1990年代に月刊ゲーメストで活躍した雑君保プ氏が担当しています。

 同プログラムの二次利用や素材の転用、アレンジ、創作、同人、有償、無償を問わず自由な活動を通じて2D、横スクロール、アクションゲームといったタイトルが増えてくれることにとても期待しています。

 「機装猟兵ガンハウンド」のソースコード及び画像素材は、ガルルソフトウェア研究所が株式会社ドラキューより機装猟兵ガンハウンド関連の全権利を取得しオープンソース化するものです。


■ 2Dゲーム用プログラムライブラリを提供します

 また「機装猟兵ガンハウンド」で利用された2Dゲームライブラリを、2016年の開発環境にあわせて整備しました。DirectX / OpenGL両対応の「gxLib」としてC言語による2Dゲーム制作ライフを応援いたします。特に2Dに特化していることから最低限覚えなくてはいけないAPIは約20機能ほどに限られており、プラモデル的に少ない機能を「工夫して作る楽しさ」を実感できると考えています。

 実際にこれらの機能を工夫することでコンシューマーゲームを作ってきた実績から、サンプルプログラムとして「機装猟兵ガンハウンド」の全プログラムを公開しておりますのでご参考ください。

※ソースコード、素材一式は「ガルル研ライブラリ」からダウンロード可能です。
※ご利用に際しては利用規約をご確認下さい。

■マルチプラットフォームのCocos2dx、Lua対応

 その他、LUAスクリプトにも対応しておりC言語版のシューティングを移植したLuaのサンプルプログラム付きです。環境構築なしにプログラム学習用にご利用いただけます。2Dゲームに特化したテクスチャムービー機能やフリーフォームの自由変形スプライト機能にも対応しており、夏休みの大人の自由研究として豊かな2Dアクション/シューティングゲーム作成ライフをお楽しみください。

 またgxLibは、機種依存性の少ないC言語の標準関数で作られているため、同じ2DゲームライブラリのCocos2Dx上のMacでソースコードの改変なしにガンハウンドを動作させることに成功しています。正式な対応ではありませんがMacOSXやiOS、Androidの他、Linuxなど未対応のプラットフォームでのご利用も可能です。

■制限事項

 制限事項については、ライセンス項目内に記載しております。
 gxLibが使用している他社製プログラムの著作権表記等については各ライセンス項目をご確認のうえ、自由にご利用ください。

 素材については作曲者を偽る行為や公的秩序に反する(アダルト、暴力的、犯罪に関するもの等)にはご利用になれません。ご了承ください。

■「機装猟兵ガンハウンド」とは?

 2008年にPC/Windows環境で発売、2013年にバージョンアップ版が「機装猟兵ガンハウンドEX」としてPSPで発売されました。2015年にはSTEAM用にWindows向けに逆移植され好評を博しています。

※現在STEAMで発売中の「機装猟兵ガンハウンドEX」はガルルの許諾を得てDRACUEが販売しているものです。

最終更新:8月5日(金)12時47分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。