ここから本文です

乾&大迫出場の親善試合で何が… 小競り合いからケルンFWモデストが激高

ISM 8月5日(金)16時55分配信

 現地時間4日、大迫勇也所属のケルン(ドイツ)と乾貴士所属のエイバル(スペイン)がテストマッチを行ない、2対0でケルンが勝利した。“親善試合”のはずが、試合中に選手間の衝突が発生し、ケルンFWアンソニー・モデストが激高し、プレーを続けられなくなる一幕があった。この試合で乾はフル出場し、大迫は60分までピッチに立っている。

 オーストリアの合宿中に行なわれたこの試合は、ケルンが45分にPKで先制すると、79分にも加点。その直後、背後からのタックルに腹を立てたエイバルDFダビ・ユンカーがケルンの選手を突き飛ばし、両選手入り乱れての小競り合いとなった。止めに入ったモデストはユンカーと数回言葉を交わすと、突如激高。チームメイトがなだめても怒りが収まらない様子で、ケルンのヨルグ・シュマトケSDは同選手をロッカールームに下げた。

 独『ビルト』紙(電子版)はユンカーがモデストを挑発し、人種差別的な言葉で侮辱したと伝えている。ペーター・シュテーガー監督は「あんなトニー(モデスト)を見たことがない。控え室に下げた方がいいと思った」と、同選手を守るためにピッチから下げたと話した。

 騒ぎはこのままでは収まらず、ビルト紙は、試合終了後にエイバル側からモデストを再び挑発する行為があったと伝えている。このため、アシスタントコーチのマンフレッド・シュミット氏がモデストを何とかなだめ、同選手はスタッフに付き添われてホテルへ戻ったという。

最終更新:8月5日(金)16時55分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。