ここから本文です

“空手界のきゃりー”植草 引退封印で東京五輪「金」への決意

デイリースポーツ 8月5日(金)5時59分配信

 国際オリンピック委員会(IOC)の総会が3日(日本時間4日)、ブラジル・リオデジャネイロで開かれ、2020年東京五輪の追加種目として、野球・ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの5競技18種目の採用が正式決定した。

 夢に見ることすらできなかった大舞台を、やっと目指すことができる。昨年の全日本選手権女子組手で優勝し、“空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ”とも呼ばれる植草歩(24)=高栄警備保障=は、丸い瞳を輝かせ「記念すべき日になった。20年に優勝できるように頑張っていきます」と、都内で行われた会見で声を弾ませた。

 「五輪がなければ空手を続けていることもなかった」。実業団2年目。経済的な負担に加え、夢だった教員への思いもあり、今年10月の世界選手権(オーストラリア)を最後に引退を決意していた。

 しかし東京五輪での採用へ本格的に動き出して以降、周囲の変化を感じた。入社当初は昼の12時まで勤務したが、会社の理解もあり、現在は7時から10時まで。社長秘書として、社長の出社前に書類整理などの業務をこなし、13時からトレーニングへ向かう日々を続けている。環境が整うにつれ、五輪への思いも大きくなった。競技に集中するため、教師の夢も一時封印しようと決めた。

 まずは2年に一度開催される世界選手権に照準を合わせる。「2大会連続で銅なので、ここで優勝したい」。もう止まらない。4年後の未来に輝く金メダルへ、大きな一歩を踏み出した。

最終更新:8月5日(金)7時30分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]