ここから本文です

“Play,Doujin!”にサークル“xinoro”が参加、『巫女学校物語~楓編』をPS4で2016年秋発売!

ファミ通.com 8月5日(金)13時1分配信

●人間、動物、妖怪が共生する世界でのほのぼのアドベンチャー
 メディアスケープによる、個人およびサークル向けプレイステーションプラットフォーム用ソフトウェア開発・販売のプロジェクト“Play,Doujin!”。同プロジェクトに、サークル“xinoro(ジノロ)”が参加し、オリジナル作品『巫女学校物語~楓編』を2016年秋にプレイステーション4で発売することが発表された。

 以下、リリースより。

----------

 メディアスケープ株式会社(東京都台東区 代表取締役:江崎 望)は、同社が推進する「Play,Doujin!」プロジェクトに、サークル「xinoro(ジノロ)」が新たに参加したことを発表いたします。また、同サークルのオリジナル作品「巫女学校物語~楓(かえで)編」をPlayStation 4向けに発売いたします。発売は2016年秋の予定です。
 「巫女学校物語~楓編」は「巫女みこADV・RPGゲーム」と銘打たれたアドベンチャーゲームです。人間・動物・妖怪が共生する世界に存在する「妖ノ山巫女学校」という「巫女さんの学校」の冬休みを舞台に、主人公「山吹楓」に起こる出来事を描き出します。ゲームは会話シーン含め全編が3Dグラフィックで描かれ、かわいいキャラクターの動きをフルボイスで楽しむことができます。
 メディアスケープ社はこれからも、オリジナル作品も含めた様々な同人ゲームを幅広いユーザーにご紹介していくことで、家庭用ゲーム機という分野からインディー・同人ゲームの発展を支援してまいります。

【作品概要】
タイトル(日本語):巫女学校物語~楓編
タイトル(英語):Miko Gakkou Monogatari: Kaede Episode
ジャンル:アドベンチャー
プラットフォーム:PlayStation 4
プレイ人数:1人
発売日:2016年秋予定
価格:1,080円(税込)
CEROレーティング:B(12歳以上対象)
 ⇒作品紹介ページはこちら
発売:メディアスケープ株式会社
制作:xinoro(ジノロ)

【作品説明】
 ここは人間と動物、そして多種多彩な妖怪たちが共生する世界。
 妖ノ山巫女学校の元気っ娘、山吹楓は、二年目の冬休みになっても災難に巻き込まれていた。
 ゆるくてハチャメチャな、いつものある日。
 森で不思議なメガネを見つけたその時から、楓、最大の試練が始まる。
 これは、楓が恋を知りそして失恋するまでの物語。

 「巫女学校物語~楓編」は完全3D・フルボイス巫女みこADV・RPGゲームです。
 主人公・山吹楓を操作し、巫女さんや妖怪たちなど、個性的なキャラとの会話を通して物語をすすめていきます。
 ゲームは全編音声付き(字幕つき、日本語/英語対応)、会話シーンは全てかわいい3Dキャラによるアニメーションで展開します。

最終更新:8月5日(金)13時1分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。