ここから本文です

金本監督ニンマリ ハマの守護神つぶし成功

東スポWeb 8月5日(金)16時34分配信

 4位の阪神は4日のDeNA戦(横浜)に延長10回の末、7―5で粘り勝ち。今季初の3カード連続の勝ち越しで借金を9に減らした。

 2点ビハインドの9回、代打・狩野の遊撃への適時内野安打と江越の右犠飛で同点。10回は新井の押し出し四球で勝ち越し、さらに狩野も中前適時打で続き白星をもぎ取った。金本監督は「最近は終盤に追いついて勝ち越すということができている。諦めない雰囲気、執念が出てきつつある。選手も疑心暗鬼で波に乗れないこともあったが、今はミスをしてもプラスに考えて取り返すことができている」とナインの成長に目を細めて超ご機嫌だ。

 毎年恒例の長期ロード初戦カードで目の上の敵・3位DeNAに2勝1敗。何より自信倍増となったのが、昨年37セーブをマークしたハマの守護神・山崎康を3戦連続で攻略したことだ。第1戦は同点の9回に4点を奪って勝利。第2戦は敗れはしたものの、ゴメスが追撃のソロ。そして、この日は9回に2点差を追いついた。

 山崎康にとって3試合連続失点はプロ入り初の屈辱で、阪神首脳陣の一人は「今回打ち込まれたことをきっかけに山崎(康)が(今後)調子を崩すということは十分に考えられる。それが原因でウチ以外のチームとの対戦でもDeNAが星を取りこぼすことになれば…。この3連戦で山崎(康)を攻略できたことは、大きな価値がある」とニンマリだ。

 金本監督は「他球団のエース級やセットアッパー、クローザーを打たないといけない」と打線にハッパをかけてきた。そんな中でのハマの守護神つぶし。虎の勢いが増しそうだ。

最終更新:8月5日(金)16時42分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)