ここから本文です

国内の公共/医療/教育分野における第3のプラットフォームへの投資は堅調に拡大

エコノミックニュース 8/5(金) 7:14配信

 IT専門調査会社 IDC Japanは、国内の公共(官公庁、自治体)/医療/教育分野における第3のプラットフォーム需要動向調査結果を発表した。調査では、2016年3月に実施したアンケート調査結果の他、ユーザー企業への取材によるケーススタディを踏まえて、これら3分野における第3のプラットフォームの利用動向やニーズ、推進課題などを分析した。

 それによると、国内の公共/医療/教育分野における第3のプラットフォームへの投資は、民間企業に比べるとやや低成長であるものの、東京オリンピック/パラリンピック開催とインバウンド需要への対応などの影響により、堅調に拡大していくとみている。2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR: Compounded Annual Growth Rate)は、官公庁分野は8.1%、自治体分野は7.2%、医療分野は6.6%、教育分野は5.6%を予測している。

 公共部門では、東京オリンピック/パラリンピック開催とインバウンド需要拡大に伴い、東京、大阪などを中心に社会インフラ関連や観光分野における第3のプラットフォーム支出が増えていくとう。一方で、大都市圏以外の地域では、民間部門において第3のプラットフォーム活用が進んでいない上、円高による景気後退が懸念されており、公共部門による第3のプラットフォームの積極的導入に伴う地域活性化が期待されているとしている。

 大都市圏以外の各地域において第3のプラットフォーム市場を拡大していくには、第3のプラットフォーム活用により地域内GDP成長を達成する青写真を描き、実現していくことが不可欠。医療機関、教育機関においても、社会保障費削減、ヘルスケアサービスの向上、教育分野における国際競争力向上などの具体的な目標に向けて計画を作り投資対効果を高めていくことが求められるという。これらの公的な目標を達成するには、第3のプラットフォームを効果的に活用する「公共版デジタルトランスフォーメーション」の持続的な実現が重要だとしている。

 IDC Japan ITスペンディング グループマネージャーの廣瀬弥生氏は「ITベンダーは、公的なユーザー機関と共同で公共版デジタルトランスフォーメーション実現に向けた青写真を描き、共に経済/社会問題解決のための第3のプラットフォーム市場を切り開いていくべきである」と分析している。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:8/5(金) 7:14

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。