ここから本文です

うねめまつり開幕 郡山

福島民報 8月5日(金)9時58分配信

 福島県郡山市の夏を彩る「第52回郡山うねめまつり」は4日開幕し、うねめ供養祭やミスうねめパレードなどを繰り広げた。
 うねめ供養祭は市内片平町の采女(うねめ)神社で行われ、郡山市と姉妹都市の奈良市から津山恭之副市長を団長とする親善使節団約15人を迎えた。岡部辰一実行委員長があいさつ。品川萬里郡山市長らが玉串をささげた。両市を結ぶ「うねめ伝説」にちなみ、奈良市観光振興課振興係長の先山元英さん(45)が葛城王、ミスうねめの宮川亜莉沙さん(20)が春姫の役を務めて献花し、悲運の生涯をたどった春姫の霊を慰めた。
 ミスうねめ6人は同日、市内の駅前地区や西部地区でオープンカーでパレードし、まつりをPRした。
 まつりのメイン行事「うねめ踊り流し」は5、6の両日午後5時半から2部構成で市内の駅前大通りで実施される。

福島民報社

最終更新:8月5日(金)11時29分

福島民報