ここから本文です

成り済まし150万円被害 郡山の60代女性 市職員名乗る電話

福島民報 8月5日(金)9時58分配信

 福島県の郡山北署は4日、郡山市の60代女性が成り済まし詐欺の被害に遭い、現金約150万円をだまし取られたと発表した。
 同署の調べでは、1日午前8時半ごろ、女性宅に郡山市職員を名乗る男から「医療費の還付金があるので振り込みたい。どちらと取引がありますか」などと電話があった。女性は男の指示に従って市内の現金自動預払機で1日から2日にかけて現金計約150万円を振り込んだ。口座に還付金が振り込まれないため、不審に思った女性が同署に相談し被害に気付いた。

福島民報社

最終更新:8月5日(金)11時32分

福島民報