ここから本文です

ナイジェリアがマナウス入り 渡航延期4度…日本戦の約6時間半前に

デイリースポーツ 8月5日(金)6時40分配信

 リオデジャネイロ五輪サッカー男子1次リーグB組で日本と対戦するナイジェリアが4日午後、試合が行われるブラジル北部マナウス入りした。

 ナイジェリアは7月29日に直前合宿地の米ジョージア州アトランタを出発する予定だったが、同国サッカー連盟の財政難などを理由に4度の渡航延期となっていた。

 4日午前8時半前にチャーター機でアトランタを出発し、同日午後2時25分に到着。日本戦の約6時間半前という異例の事態となった。

 空港警察に守られながら到着ロビーに姿を現した主将のMFオビ・ミケル(29)=チェルシー=は疲れた様子も見せず「厳しい練習を積んできた。コンディションは整っている。今夜は勝つ自信がある」と不敵に言い放った。

 日本との1次リーグ初戦は4日午後9時(日本時間5日午前10時)に行われる。

最終更新:8月5日(金)7時44分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]