ここから本文です

ロッテ創業者の成年後見開始決定迫る、ロッテ紛争に新たな局面

WoW!Korea 8月5日(金)13時26分配信

ロッテグループの創業者である重光武雄(韓国名:辛格浩/シン・ギョクホ、94)の成年後見開始の審判請求に対する裁判所の決定が、来る10日に開かれる最終審理後、決定される。

 武雄氏の精神的な健康異常かどうかの決定であるだけに、裁判所の宣告結果に応じて、ロッテグループ経営権争いは新たな局面を迎えることになる見通しだ。

 昨年12月、成年後見の開始審判を請求したシン・ジョンスク氏(78)は武雄氏が高齢で正常に経営判断が困難であるだけに、成年後見や限定後見開始の決定が下されなければならないとの立場だ。シン・ジョンスク氏は武雄氏の妹である。

 シン・ジョンスク氏の法律代理人イ・ヒョンゴン弁護士は5日、「武雄氏の健康状態を勘案すれば成年後見開始が決定され、経営権争いの間から抜け出すことが望ましい」とし「裁判所が武雄氏の精神的な健康状態と診療記録などを総合し、合理的な判断をすると信じている」と述べた。

 ソウル家庭裁判所裁判部は病院の診療記録やシン・ジョンスク氏、武雄氏側の意見などを総合的に考慮して、成年後見を開始するかどうかを決定する。

最終更新:8月5日(金)13時26分

WoW!Korea