ここから本文です

大手企業141社、夏のボーナス90万円超え

エコノミックニュース 8/5(金) 13:49配信

大手企業141社の夏のボーナスは加重平均で90万5165円と前年に比べ1万3027円、率にして1.46ポイント増えた。4年連続して前の年を上回った。日本経済団体連合会が東証1部上場、従業員500人以上の主要業種245社のうち、集計できる141社で4日までに算定し、発表した。

 製造業(119社)は平均93万6353円で前年比1・94%の増加。額にして1万7811円の増となった。非製造業(22社)は平均79万2213円で、前年比0.09%の伸びと715円の伸びで、ほぼ同額になった。

 業種別では自動車(19社)が106万5091円と最も高く、過去最高額になった。また前年比でも3.45%(3万5508円)の増と高い伸びをみせた。次いで食品(10社)97万1682円、化学(17社)88万9868円、私鉄(8社)88万2737円(私鉄の場合は従業員の平均額)。最も少ないのは鉄鋼(10社)67万416円だった。新興国経済の悪化の影響を受けたとみられる。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:8/5(金) 13:49

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。