ここから本文です

日本、興梠PK&南野弾!失点直後に2度追いつく

デイリースポーツ 8月5日(金)10時38分配信

 「リオ五輪・サッカー男子・1次リーグ、日本-ナイジェリア」(4日、アマゾニア・アリーナ)

【写真】失点直後、PKを決める興梠

 序盤からゴールを奪い合う展開になった。日本は得点を奪われながらも、前半9分にオーバーエージのFW興梠慎三がPKで、13分にはFW南野拓実が決めて同点に追いついた。前半35分終了時点でスコアは2-2。、

 あっけなく先制点を献上した。日本の左サイドのスローインから、エゼキエルがキープ。ここからシュートを放ち、GK櫛引がはじいたボールをウマルに詰められた。

 直後にFW南野がエリア内で倒されてPKを獲得。これを興梠が冷静にゴール右隅に決めた。

 しかし、11分、ナイジェリアは、日本の左サイドからセンタリング。逆サイドで対応したDF室屋がヘディングでのクリアに失敗し、マークについていたエテボに決められた。

 意気消沈しかねない失点だったが、すぐに気を取り直し、前線でパスを展開。興梠、大島とつなぎ、ここからのスルーパスに南野が抜け出して、相手GKの位置を良く見てシュートを流し込んだ。

最終更新:8月5日(金)11時55分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]