ここから本文です

街の風景を変える!! トヨタと全タク連、未来の日本のタクシー実現で協業へ

レスポンス 8月5日(金)18時25分配信

全国ハイヤー・タクシー連合会(全タク連)とトヨタ自動車は、「タクシーの日」である8月5日、“未来の日本のタクシー”の開発・導入に向けた協業で基本合意した。

[写真:コンフォート]

日本のタクシーとトヨタとのつながりは、1936年に『トヨダAA型』がタクシーとして使用されたことに始まり、現在の『コンフォート』にいたるまで、重要なパートナーとして長い歴史を重ねてきた。

トヨタは、日本の街の風景を変えることを念頭に、“おもてなしの心”を反映したデザインを採用した次世代タクシーを開発しており、2017年度内の発売を予定している。今回の協業に基づき、両者は今後タスクフォースを立ち上げ、誰にでも優しいユニバーサルデザイン(UD)タクシーの普及や「ホスピタリティ」「安全・安心」「利便性」を向上させる車両仕様の策定などを定期的な議論を通じ、具体化していく。

また東京地区では、高齢者、女性、新卒、外国人等、今後さらに多様化する乗務員の運転及びサービスの負担を軽減できる、自動運転技術の活用を目指す。具体的には、タクシーを使った交通・道路環境の情報収集・解析を通じトヨタの考える自動運転のかたち「モビリティ チームメイト コンセプト」の開発に活用していくほか、同コンセプトに基づき開発した自動運転技術を活用したタクシーの実験的な営業への相互協力を行っていく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月5日(金)18時25分

レスポンス

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。