ここから本文です

サッカー日本5失点…守備崩壊で黒星発進 手倉森監督「あまりにも多すぎた」

デイリースポーツ 8月5日(金)11時53分配信

 「リオ五輪・サッカー男子・1次リーグ、日本4-5ナイジェリア」(4日、アマゾニア・アリーナ)

【写真】3点目のゴールを決める浅野

 日本は序盤から守備のミスや、試合展開を落ち着かせられなかったことが響き、初戦を落とした。

 前半6分、あっけなく先制点を献上した。日本の左サイドのスローインから、エゼキエルがキープ。ここからシュートを放ち、GK櫛引がはじいたボールをウマルに詰められた。

 直後に興梠のPKで同点とするも、11分にはDF室屋のヘディングミスをつかれて、エテボがゴール。再びリードを許した。これにも日本は気落ちせず、前線でパスを展開。前半13分に興梠、大島とつなぎ、ここからのスルーパスに南野が抜け出して、相手GKの位置を良く見てシュートを流し込んだ。

 ただ、日本は守備の場面で判断に迷う場面が目立ち、失点には至らないまでも危ないシーンが続いた。そして、42分。ミドルシュートのこぼれ球を植田が頭でクリアしきれず、エテボに詰められて三度リードを奪われた。

 後半6分には、PKを与えてエテボがハットトリックとなるゴール。同21分にも、櫛引が飛び出してクリアしたボールをエテボが拾い、無人のゴールへロングシュートを決められた。

 日本は浅野、鈴木、矢島と攻撃的な選手を3人投入して反撃を試みた。浅野が後半25分に左サイドからのボールを押し込んで3点目、ロスタイムには鈴木が1人をかわして左足シュートを決め1点差に詰め寄ったが、あまりにも失点が多く、反撃も遅かった。

 手倉森監督は「手倉森ジャパンらしくない打ち合いの展開になってしまった。先制を許したのがありますから。守備のところを修正して次に進めれば」と守備について反省した。

 得点を重ねて食らいついたこともあり、「これがなければ日本じゃないし、打ちのめされても挑んでいく姿勢は見せられた。次の試合で日本に勝利を届けたいと思います」と前を向いた。

 ただ、簡単に失点を重ねたことは軽視できない。「与えた失点があまりにも多すぎた。反省するところを反省すれば、しまったゲームになると思う。開幕戦ならではの慌て方というか。そこを仕留めるクオリティーがナイジェリアにあった」と分析した。

最終更新:8月5日(金)12時34分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。