ここから本文です

NMB48新曲「僕はいない」MVロケ地・タイでリアルにいないメンバーは

東スポWeb 8月5日(金)18時43分配信

 アイドルグループ「NMB48」の太田夢莉(16)、須藤凜々花(19)、白間美瑠(18)、渋谷凪咲(19)、薮下柊(17)、矢倉楓子(19)が5日、東京・渋谷区のタワーレコードで15枚目の新シングル「僕はいない」発売記念イベントを行った。

 9日に卒業公演を控えるNMBの中心メンバー・渡辺美優紀(22)にとってラストシングル。渋谷は「ミュージックビデオ(MV)のダンスシーンを撮影している最中に、秋元先生が『これじゃない』と歌詞を変えていたんです」と渡辺への思いが詰まった曲になっている。

 ところが、藪下は「歌詞は恋愛というか。まあ、歌詞カードを見てください」とあまり理解していないようで、メンバー全員から突っ込まれた。

 タイで行われた撮影では信じられないハプニングがあった。矢倉が撮影時間になっても現れず、そのまま撮影が行われたという。

 矢倉は「タイの暑さにやられました。本当に『僕はいない』のタイトル通りですね。逆においしいのかな。このMVを見るたびに『ミルキーと私がいない』と思います」としてやったりの表情だった。

最終更新:8月5日(金)19時32分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。