ここから本文です

坂上忍、サッカー黒星発進に「初戦が大事なんじゃ…」

デイリースポーツ 8月5日(金)12時29分配信

 俳優の坂上忍が5日、フジテレビ系「バイキング」で、黒星発進となったリオ五輪サッカー男子日本代表について「こういうのって初戦に勝つか負けるかって大事なんじゃないの?」とコメント、サッカー好きのタレント・土田晃之から「その通りです。が、始まったばかりですから」となだめられる一幕があった。

 番組では、直後に終わったばかりのサッカー男子日本代表の結果について放送。サッカーファンの雨上がり決死隊・宮迫博之は「お互い、両チームともミス多かったですね。5対4なんて点数、なかなかないですから」と残念がると、坂上が間髪いれず「これで予選リーグ敗退ですか?だって、ワールドカップでもこういうのって、初戦に勝つか負けるかって大事なんじゃないの?」とコメントした。

 すると土田が「その通りです。が、始まったばかりですから」と、坂上をなだめるようにコメントすると、「(予選リーグで日本と同組の)ナイジェリア、コロンビア、スウェーデンって、名前だけ聞くとブラジルとかよりちょっと劣ると思われがちですが、実は『死のグループ』と呼ばれてますから」と、日本は過酷なグループにいることを説明。

 だが、敗戦は敗戦だけに宮迫は「気負いすぎましたね」と最後まで残念がっていた。

最終更新:8月5日(金)12時34分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。