ここから本文です

長友 黒星発進・手倉森ジャパンにエール「4得点はすごいこと。自信を失わないで」

東スポWeb 8月5日(金)22時45分配信

 サッカー日本代表の長友佑都(29=インテル)が5日、リオ五輪サッカー男子1次リーグB組初戦でナイジェリアに4―5で敗れた手倉森ジャパンにエールを送った。

 試合はキックオフの6時間30分前にマナウス入りしたナイジェリア相手に日本守備陣が崩壊して5失点。あまりに痛い黒星発進となった。

 試合開始前に自身のツイッターで「リオの地で暴れてほしい」とエールを送った長友はこの敗戦を受け「守備の修正は急務。5失点はディフェンスだけの責任ではない」と課題を挙げた。

 しかし、4得点を挙げた攻撃に関しては「五輪の舞台でナイジェリア相手に4得点はすごいこと。自信を失わないでほしい」と評価した。

 これに対してフォロワーから「でも負けたら何点取ろうが意味が無い」と突っ込みが入ると「そんなことは重々承知。僕は選手の気持ちが分かるから、自信を失わないでほしいと伝えたかっただけ。北京五輪、W杯と初戦負けて、チームが自信を失った経験があるから、選手たちにはそうなってほしくない」と自身の経験を踏まえてエールを送った。

最終更新:8月5日(金)22時45分

東スポWeb