ここから本文です

韓国検察、ロッテ創業者の指示で6000億ウォンの脱税状況を確保

WoW!Korea 8月5日(金)16時6分配信

ロッテグループ裏金疑惑などを捜査中である韓国検察はロッテ創業者の重光武雄(韓国名:辛格浩/シン・ギョクホ、94)氏が事実婚関係である3番目の夫人ソ・ミギョン氏(57)親子などに財産を贈与する過程で、6000億ウォン(約545億円)相当の脱税状況を確保し捜査を進めている。

 検察は、今回の脱税額が歴代大企業の租税脱税のうち最も大きいものとみている。

 ソウル中央地検ロッテ捜査チームは武雄氏が2006年ソ氏と娘のシン・ユミロッテホテル顧問(33)、長女のシン・ヨンジャ(74)ロッテ奨学財団理事長に数十兆ウォン台の企業価値があるとわかっていた日本ロッテホールディングスの株式6.2%を譲る過程で、税金を脱税した容疑をつかんだ。株式1%が少なくとも1000億ウォン以上、実際には1500億~1600億ウォンほどの価値があるものと検察は把握している。特加法上の租税脱税の公訴時効は10年だ。

 ロッテ側は巨額の税金を避けるために米国やシンガポール、香港など少なくとも4つの特定目的会社(SPC)を設立し、何度か株式を譲渡したことがわかった。

 検察は、巨額の税金脱税過程が武雄氏の指示で行われたという実務陣の陳述も確保した。

 検察は4日、脱税疑惑を確認するためロッテグループ政策本部支援室を追加家宅捜索した。検察は脱税疑惑と関連した実務者3~4人の席のみ家宅捜査したと説明した。

 検察関係者は「贈与税があまりにも大きいため、所有関係を隠して譲り渡そうとしたと考えている」と伝えた。

最終更新:8月5日(金)16時6分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。