ここから本文です

ロシア副領事を名乗る男性が強盗に襲撃されるも逆に銃を奪い射殺 海外メディア報じる

ねとらぼ 8月5日(金)13時23分配信

※追記 当初男性を「ロシア副領事」として報じましたが、身分証明書を偽装していたことが分かったため、お詫びして訂正いたします。

【Twitterトレンドに「ロシア副領事」が】

 ロシア副領事を名乗る男性(60)が、リオ五輪の選手村付近で強盗に襲撃されたものの、強盗が持っていた銃を奪い撃退したことを海外メディアが報じています。後に、この男性はロシア副領事ではなかったことが朝日新聞報道で判明しましたが、一時Twitterトレンドに「ロシア副領事」が入るなど日本でも話題となっていました。

 海外メディアの報道によると、強盗は車の窓を銃で壊して襲い掛かったものの、男性に銃を奪われ射殺。また、この男性は柔術の経験があり、車の中には妻と娘が乗っていたとのこと。

 一部報道では、この男性は殺人罪に問われる可能性もあるとの指摘も。これに対しTwitterでは「正当防衛なのでは?」といった意見や、「そもそもリオの治安に問題がある」といった意見があがっている様子。

最終更新:8月5日(金)14時41分

ねとらぼ