ここから本文です

朴大統領 仕事と家庭の両立政策推進現場を視察

聯合ニュース 8月5日(金)16時38分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は5日、ソウル市内の新韓銀行と大手旅行会社ハナツアーの「スマートワークセンター」を訪問し働く時間を社員自ら設定できるフレックスタイム制の成果を確認した。

 スマートワークセンターは自宅近くの遠隔勤務地(サテライトオフィス)で、勤務時間と形式を調整し社員の勤務効率を高めるほか、女性のキャリア中断を防ぐことを目的に導入された。

 朴大統領がこの日訪問した新韓銀行は、銀行としては初めてフレックスタイム制を導入した。

 青瓦台(大統領府)によると、ハナツアーは同制度の導入により売上高が増加し離職率も減少したという。

 青瓦台は朴大統領のこの日の訪問は、主要国政課題である仕事と家庭の両立好循環システムを拡散に向けた現場視察の一環だと説明した。

 朴大統領は6月には、学童保育や時間選択制を導入している企業を訪問し仕事と家庭の両立政策を推進する現場を点検している。

最終更新:8月5日(金)17時30分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。