ここから本文です

TOKIO山口 3年前から離婚話、今年4月から別居「自分が未熟だった」

デイリースポーツ 8月5日(金)14時3分配信

 TOKIOの山口達也(44)が5日午後2時から都内で離婚会見を行った。ジャニーズのタレントが離婚で会見を開くのは初めて。08年3月にコンサートのステージ上でファンに結婚を報告した山口は「今回も(直接)自分の口でまたご報告させていただいたらな、と思いました」と異例の会見の理由を説明した。3年前から夫婦で離婚について話し合いを続け、今年4月から都内で別居していたことも明かし、「自分のやりたいことばかりを優先し、未熟で身勝手だった」と離婚原因を説明した。

 離婚原因について「妻と出会って、付き合って16年以上。結婚して8年以上。その中で簡単にすれ違い、(性格の)不一致と言う言葉で片付けられないとは思うんですが、自分がとても未熟で自分本位で幼稚だった。自分のペースで生きてきました。そのおかげで、彼女がすごく疲れてしまったりストレスだったり、一言では申し上げられないんですけど、2人でたくさん話し合って、離婚することにしました」と話した。

 そして「2人の子供に申し訳ない」と謝罪した。

 サーフィンが好き、海が好きな山口は04年、鎌倉に居を構え、交際中だった前妻と移り住んだが、仕事(東京)が多忙になり、週2、3回しか自宅に帰ることができない生活が続き、「彼女に家事、すべて甘えてしまった。大事な時にお父さんがいないというのは、ケンカもありましたし、想像以上に彼女に負担だったと思います」と話した。

 その後、夫婦関係を修復するため、鎌倉と東京を行き来する生活をやめ、14年に東京に引っ越したが、今度は、スタッフとの食事など「自分のやりたいことを優先して、家庭がおざなりになってしまった」と反省の言葉がついて出た。

 3年前から「離婚しようか」という話になり、夫婦間で話し合いを続けてきたという。

 山口は08年に元モデルと結婚。2人の男児に恵まれ、イクメンとしても知られた。

 山口は5日午前、ジャニーズ事務所を通じて報道各社にFAXを送り、離婚を発表。午後から、「皆さまに直接ご報告させて頂きたく」と会見を開くことが記されていた。

最終更新:8月5日(金)16時14分

デイリースポーツ