ここから本文です

Rei、“終着地点であり出発点”の新作ミニアルバム「ORB」

音楽ナタリー 8月5日(金)16時2分配信

Reiが9月21日に3rdミニアルバム「ORB」をリリースする。

2015年11月の2ndミニアルバム「UNO」リリース後、国内のほか台湾、インドネシア、アメリカなど海外での活動も精力的に行ってきたRei。彼女は今回、1stミニアルバム「BLU」、2ndミニアルバム「UNO」に続く、トリロジーの最終章だという「ORB」を制作した。Reiは今作について「今の自分がたどり着いた終着地点でありながら、原点に戻ってきた出発点のようでもあります」とコメント。新作ミニアルバムには全7曲が収められる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

またReiは9月30日に東京・青山 月見ル君想フにて自主企画ライブ「Reiny Friday -Rei & Friends-」を開催。第5回の今回はゲストとしてNakamuraEmiが出演する。

Rei コメント
「ORB」それは球体、そして環のこと。人の環が連なって、音楽になりました。「BLU」「UNO」に続く3作目、トリロジーの最終章です。今の自分がたどり着いた終着地点でありながら、原点に戻ってきた出発点のようでもあります。とっておきの一枚、聴いてください。

「Reiny Friday -Rei & Friends- Vol.5」
2016年9月30日(金)東京都 青山 月見ル君想フ<出演者>Rei / NakamuraEmi

最終更新:8月5日(金)16時2分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。