ここから本文です

不気味な白い死神が降臨!『デスノート』続編に新たな謎も

Movie Walker 8月5日(金)17時0分配信

実写映画『DEATH NOTE』(06)、『DEATH NOTE the Last name』(06)から10年後の世界で新たな戦いを描く、『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)から、物語の重要なシーンとなる場面写真が解禁された。

【写真を見る】デスノート対策本部のメンバーと、世界的名探偵の竜崎が集結

先日公開された第2弾特報の中に一瞬だけ映された、謎の白い姿はやはり死神だった事が明らかに。この新たな白き死神の名前はアーマ。シリーズでおなじみのリュークや、初登場となるアーマら本作に登場する死神たちは、メガホンをとった佐藤信介監督による新解釈のもと、10年の時を経てさらなる進化を遂げた。死神たちの肌や髪、羽や皮などの質感の表現は驚くべきリアリティを生み出している。

さらに正義感に燃える若き捜査官、三島創(東出昌大)をはじめとするデスノート対策本部のメンバーと、10年前にキラと壮絶な戦いを繰り広げた天才、Lの遺伝子を継ぐ、正統後継者にして世界的名探偵の竜崎(池松壮亮)らが本部にある地下保管室に集結した様子も公開。

世界中でデスノートによる大量殺人事件が再び発生し、人々が大混乱に陥る中、ある事件でデスノートを押収した三島らは死神と対面するためノートに触れる。出現した死神から、人間界には同時に使用可能な6冊のデスノートがもたらされていることを知る。加えて7冊目以降は人間界に持ち込まれてもデスノートの効力は無いことも知らされ、さらにデスノートのルールがいくつあるのかは、死神たちにもわからないという、本作の物語上、鍵となるであろう事実が判明。

徐々に明らかにされていく物語の全貌と、新たに出てくる謎。果たして、アーマは一体誰にノートをもたらすのか?6冊のノートの行方は?死神すら知らないルールも存在するのか?『デスノート Light up the NEW world』の公開に向け、ますます期待が高まる。【Movie Walker】

最終更新:8月5日(金)17時0分

Movie Walker