ここから本文です

先輩の椅子として生きたい…女の園を舞台に描かれる、佐藤まさきの奇怪な新連載

コミックナタリー 8月5日(金)16時44分配信

「超無気力戦隊ジャパファイブ」「釣りチチ・渚」の佐藤まさきによる新連載「パラフィリア~人間椅子奇譚~」が、本日8月5日に小学館のWebサイト・やわらかスピリッツにて開幕した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「パラフィリア~人間椅子奇譚~」は他人と目が合うととてつもなく恥ずかしくなり、涙が溢れ出てしまう厄介な体質を持った少女・瞳子(とうこ)が主人公。そんな自分に手を差し伸べてくれた生徒会長・神楽木マリに憧れを抱く瞳子は、“神楽木先輩が座るソファとして生きたい”という奇怪な妄想を思いつく。ソファをくり抜き、妄想を実行に移した瞳子は、学園の裏の顔を目撃し……。

江戸川乱歩「人間椅子」から着想を得たという同作。女の園を舞台に描かれる、猟奇的な物語を一読してみては。

最終更新:8月5日(金)16時45分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。